お知らせ

Welcome to Baden-Tani9

Our website are written by Japanese.
Please translate to your language in the Google translation bar on the top right.



オープンイベント Osaka Z Day 2020 について

昨年、事務所移転等により開催できなかったオープンイベント Osaka Z day を今年は開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の見地から、一般来場者と交流するという形での開催は見送り、年内にオンラインイベントとして開催する方向となりました。
今後アイデアを出し合いがなら詳細を検討していきますので、ご期待ください。

投稿日:2019年11月21日 更新日:

■Baden谷九 は、関西を中心に活動するZゲージ鉄道模型の愛好者グループです

 Zゲージは、1/220スケール、軌間6.5ミリのとても小さな鉄道模型です。ドイツとアメリカのメーカーが主でしたが、最近は日本のメーカーも日本の車両を出すようになりました。その小ささから、限られたスペースでもレイアウト(線路を敷いた情景模型=ジオラマ)を作ることができます。上のスライドショーの写真は、メンバーの作成・保有するレイアウトと車両などです。
 日頃は大阪の下町 津守にある事務所にある共有レイアウトを少しずつ作成したり、持ち寄った車両を走らせたり、時にはメンバーのレイアウトを見学したりと、Zゲージを楽しんでいます。そしてもちろん飲み会も…。
 参加したいと思われる方は左のメニューの下にある問い合わせ先へメールをお送りください。

新着記事

7月25日(土)静山宅に、かーちゃん、シバッチ、浪花のヒロ、静山の4名が、Zoomで、とりとん、かがみ、ocean、どらやき、kashy、くりちゃん5名、合計9名が参加してモータ換装&DCC部会が開催されました。

モータ換装では、ヒロさんがお持ちいただいたBR120で、作業しました。
DCC化はせず基板はオリジナルを加工して使いました。
すでに静山さんのホームページで紹介されたのと基本的に同じ手順でおこない、一応成功しました。
ロクハンモータ真鍮パイプ

消費電流が80mA前後とちょっと大きめになったので、どこかまだ改善すべき点がありそうですが、とりあえずスムーズに走るようになったので良しとしました。

次のようなミスもありました。間違いやすい点と思うので書いておきます。
・モータ本体が納まる位置は、両側のウォームギア位置から等距離となる位置ですが、最初はそれを見誤って、要らないところを削り、必要なところ削り足りないという状態になりました。ちゃんと測ってケガキしてから削るべきでした。
・ウォームギア手前の黒い軸受けパーツの向きを最初は逆にしていました。(つばの部分が内側が正しい。)
・モーターの赤と黒の線をどちら側に半田付けするかを間違えて、進行方向と逆のライトが点灯する状態となりました。赤黒の配線については、いきなり半田付けせずに仮止めで確認した方が良いでしょう。

DCCについては、かーちゃん自作のデコーダ基板について仕様の報告がされ、意見交換しました。

・コンデンサをどうするかは、モータによって仕様も変わるので、ユーザーが半田付けして後付けできるようにしてはどうか。
・基板やシャーシの端とボディとの間には空間があるものが多い。ここを有効に活用できないか。
・メルクリンの新モーター搭載車両では、モーターの位置が高くて基板が前後に分かれているものがある。デコーダ基板も前後2分割でユーザーが配線で結ぶタイプのものを用意できると良いのでは。

DCC部会については、かーちゃんの方で今回の意見を踏まえた改良版の仕様が固まったら、それを受けて第二回をやってはどうかということになりました。


2018.11.24 Osaka Z Day 2018

Copyright© Baden谷九 - Zゲージ鉄道模型を愉しむ集い , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.